楽 食 住

楽しく食べて楽しく住もう
Top
禁断の扉を遂に 安中園
2010年 06月 14日 |
f0178900_2212594.jpg

【↑くりまんさんブログyume-no-nakadeより写真お借りしました↑】

地元なのに営業していたのを知ったが約5年前。
えっ、あのお店やってるの!!
そんなたたずまいの焼肉屋さんです。
しかし、味は最高!!という噂は、あちこちから聞くお店なのです。
ただ、このお店、初心者にはとてつもなく入り辛い。
しかも情報だと常連さんがたむろって、一見さんを受け付けない怖さがあるとのこと。
ますます行けません(>_<)
f0178900_22122433.jpg
【↑くりまんさんブログyume-no-nakadeより写真お借りしました↑】

そして今回、勇気を絞り初潜入です。
奥様は、かなりビビッテいます。
遂に禁断のオレンジ色の扉を開けました。
安中園と言えばこのオレンジ色の扉。
来る者を拒む力さえ持っています。

「こんちは~」と声を出して店内に!!
そしたら店内に居たのは、ぬわんとコチラの常連さんの一人、くりまんさん。
知ってるお顔を見たら一安心。
くりまんさんは、お土産用のお肉を買いに来ていたのでした。
「あれ、こんな早い時間から来たの?」という問いに、
「あっは、怖いので空いている時間に~」
そう、ビビッているので夕方5時、まだ常連さんが現れない時間帯に出没したのでした。

そして今回のお写真は一番下以外は、くりまんさんが撮られた写真をお借り致しました。
とてもとても初心者が一眼取り出してなんていう荒業はできない為、
ズボンのポケットにコンデジを持って行くのが精一杯なのでした。
なんせ、常連のくりまんさんですら一眼を取り出して撮るに勇気がいったそうなのですから・・。
f0178900_2213865.jpg
【↑くりまんさんブログyume-no-nakadeより写真お借りしました↑】

おっ、くりまんさんのブログで見たメニュー表を生で見られました。
感動です!!
ホルモン、一瞬1250円に見えました。あっ、350円ね。
f0178900_22134037.jpg
【↑コンデジで恐る恐る撮影】

ここの店内、ワタシ達の好きなTV番組「吉田類の酒場放浪記」に出てくる感じ。
まさに昭和時代!!
この店内、惚れました!!
あれだけ怖がっていた奥様もこの店内の雰囲気に大興奮。
最高です!!
お店のおばちゃんは、「オンボロだよ」と言っていましたが、
いや、これは、オンボロなんかではありません!!
昭和アンティークです!!!
よくぞ、このまま残しておいてくれた!!と涙がでそうな位の雰囲気です。

この昭和の雰囲気を楽しみながら、焼肉&生ビールを堪能していると
ゾクゾクと現れました常連さん。
しかしです。想像とは裏腹に皆さん、優しい優しい。
斜め向かいのカウンターのオジサンから、「食うか?」と言われて
ホイって投げられたのがオジサマが持ち込んだエリンギ。
お店のおばちゃんが包丁ですかさず切ってくれてジュージュー。
美味い!!
となりの白髪のポニーテールのロングヘアーのかっこいいオジサマとは、
奥様のヘアーバンドで盛り上がり。
そしてワタシの横のオジサマには、豚足食べてみって分けてもらい、
はたまた、となりご夫婦には、「安中園デビューなの~」って安中園に素晴らしさを語って頂きました。

そして最後には、実は結構ぶっきらぼうなお店のおばちゃんに
「食べてみ~」ってキムチを出してもらい、
しかも「持ってき~」ってお土産用のキムチもらっちゃって!!
一見ぶっきらぼうなおばちゃんですが、スゴイ優しい方なのでした!!

ちなみにワタシ達のお気に入りは、豚肩ロース(塩)とハラミなのでした~。
豚肩ロースは、大根おろしにニンニク、醤油が入ったタレで食します。
んま~これが美味いこと美味いこと!!
一度食べると病みつきです!!
あっ、豚足も美味!!綺麗に処理されていて豚足の概念が覆されました。

決して万人受けしないこのたたずまいのお店。
しかし、受け入れられたら最高のお味が楽しめます\(^o^)/
勇気を絞ってどう??

そんなワタシ達にとって最高の安中園デビューなのでした(*^^)v
すんげ~楽しかった~♪

我が町にこんなステキなお店があったとは。
灯台下暗し

安中園
群馬県安中市安中3丁目18-7
群馬銀行安中支店の目の前
[PR]