楽 食 住

楽しく食べて楽しく住もう
Top
タグ:B級グルメ ( 28 ) タグの人気記事
|
|
2011年 08月 31日 |

f0178900_2191727.jpg


f0178900_2164560.jpg


f0178900_2181487.jpg


f0178900_2182474.jpg


ショーウインドーに並んだ「一品おかず」選ぶのが楽しかったなぁ。
しめ鯖にビール、ピリ辛の切干大根にビール。
ちょこちょこつまみながら飲むビールは旨かったなぁ。

メンチ、アジフライ、マーボ茄子、焼き鯖、焼き鮭と食べるごはん旨かったなぁ。

・・・

今日、お店のおばちゃんに「お元気で」と言って帰りました。

2011年8月31日、名店がまた一つ消えていきました。
[PR]
2011年 08月 29日 |
f0178900_2084593.jpg


f0178900_2055562.jpg


B級グルメの宝庫、静岡県。
数ある中から、食べてみたかったのが静岡おでん。
牛スジから出汁を取り、濃い口醤油を使った真っ黒い汁が特徴。
訪れたのは、60年以上の歴史をもつ「おがわ」。
ガイドブックには必ず出ているお店ですが、変な派手さもなく昔ながらの商店というのが嬉しい。
お店の奥では、店主のおじいちゃんとおばあちゃんが、孫娘と遊ぶ姿。
そんな雰囲気の中で食べるおでんは、格別です。
もちろんお替りしちゃいました。
ご馳走様でした。


これにて、夏休みの旅行終わり!!
[PR]
2011年 06月 12日 |
f0178900_2074098.jpg


f0178900_2091821.jpg


f0178900_2085948.jpg


トラック野郎のメシ処が、碓氷峠周辺には、数件あります。
どこも広い駐車場。
こちらのお店も、そんなメシ処です。

かなりディープな外観。
今まで入りたいけど、入れない状態が続いていました。
しかし、田能久さんの潜入レポートを読んで、行こうと決意していたのでした!!
って、それから約1年経過してますけど・・。

店内も、実にディープ。
こちらの食堂も、容易にタイムスリップさせてくれちゃいます!!
ダメな人には、ダメなお店ですな(^-^)
わたしには、大好物なお店ですけど\(^o^)/

注文したのは、肉トーフ。
すっげ濃い色。
味も濃い?と思いきや、田能久さんも書いてる通り、薄味なのです。
かあちゃんの味ですね!(^^)!
実際、お母ちゃんが作ってくれてましたし(*^_^*)

最近、食べに行った店、信濃屋、越中屋、ニューアルプス、越後屋。
どこも魅力的なお店です。
全て国道18号沿い。
軽井沢方面に向かって安中市内入ったら、左側を見てれば出会えます。
軽井沢行く途中にいかが??
デートでこんなお店使ったら、高評価かも??

さぁ、次は、あかしや、奥碓氷にチャレンジしようっと!!
[PR]
2010年 07月 25日 |

f0178900_1649479.jpg


f0178900_16492697.jpg


外川駅の近くの、今回、楽しみにしていた三ツ星食堂「犬若食堂」へ。
そう!!きたなシュランの三ツ星に輝いたお店なのでございます。
きたなシュランで出てくるお店、
「普通じゃん」とか「ゼンゼンキレイじゃん」とか結構あるんですが、
このお店が登場したとき、「絶対行きたい!!」と思ったお店なのでございます!!。
念願叶って、お店の前へ。

しか~し。ぬわんと、本日、急用で臨時休業(>_<)
申し訳なさそうに謝るお店のお兄さんに「記念に写真だけでも」と言うと快く承諾してもらいパシャ。
そしたら、お店に中にいたおばちゃんが、
「中も撮ってけ~」と今度は、お店の中へご招待。

石田Pの像と賞状と次女のおばちゃんを一緒にパチリ。
そうここ、三姉妹で営んでいます。あっ、超きさくなお兄さんも一人ね。
お店の中へご招待してくれたのは、超貫禄がある長女さん。
80歳オーバーらしいですが、全くそうは見えません。

しばし、おばちゃん達とおしゃべり大会。
10分位の会話でしたが、このお店が大人気の訳わかりました(*^^)v
まぁ~おばちゃん達、会話がうまい、そしてオモシロイ!!
TVに出てたまんま。
サービスも三ツ星です!!

今回は、ゴハンは食べれなく残念でしたが、
三ツ星のおばちゃん達に会えて、大満足なのでした!!

次回は、絶対たべるじょ!(^^)!
[PR]
by yuki73h | 2010-07-25 17:20 |
2010年 07月 15日 |
f0178900_21593783.jpg

夏になったら行ってみようと思っていた来々軒。
そしましたら、先を越されました五目冷やしソバ
では、別のお奨め品をワタシは頼みましょう~。
じゃじゃん。
チキンライス!(^^)!
大きめのチキンがゴロゴロ。
ハイ、これ絶品でございます。おほほ。
大盛でもゼンゼンOK!!
f0178900_220376.jpg

奥様は、ハイ、名物、五目冷やしソバ。
よく食べる冷やし中華とは、別物です。
酢がよく効いた一品でございます。
f0178900_22214929.jpg

こちらのお店の献立表を見ると、どんな料理なのかわからない献立が。
イリヤキソバ??炒ってある焼ソバ??
普通の焼ソバなのか?
ソバとメンの使い分けは何だろう??
あっ、チャーシューメンがチャシュウメンになってる(#^.^#)
もしかしたら正しい発音なのかも。
ライスが400円!!どんだけの量が出てくるんだろう??
ニクダンゴ、このお店最高値の1200円!!

んじゃ、次回は、なに食べようかかな~!(^^)!

来々軒
富岡市富岡21-2
[PR]
2010年 06月 14日 |
f0178900_2212594.jpg

【↑くりまんさんブログyume-no-nakadeより写真お借りしました↑】

地元なのに営業していたのを知ったが約5年前。
えっ、あのお店やってるの!!
そんなたたずまいの焼肉屋さんです。
しかし、味は最高!!という噂は、あちこちから聞くお店なのです。
ただ、このお店、初心者にはとてつもなく入り辛い。
しかも情報だと常連さんがたむろって、一見さんを受け付けない怖さがあるとのこと。
ますます行けません(>_<)
f0178900_22122433.jpg
【↑くりまんさんブログyume-no-nakadeより写真お借りしました↑】

そして今回、勇気を絞り初潜入です。
奥様は、かなりビビッテいます。
遂に禁断のオレンジ色の扉を開けました。
安中園と言えばこのオレンジ色の扉。
来る者を拒む力さえ持っています。

「こんちは~」と声を出して店内に!!
そしたら店内に居たのは、ぬわんとコチラの常連さんの一人、くりまんさん。
知ってるお顔を見たら一安心。
くりまんさんは、お土産用のお肉を買いに来ていたのでした。
「あれ、こんな早い時間から来たの?」という問いに、
「あっは、怖いので空いている時間に~」
そう、ビビッているので夕方5時、まだ常連さんが現れない時間帯に出没したのでした。

そして今回のお写真は一番下以外は、くりまんさんが撮られた写真をお借り致しました。
とてもとても初心者が一眼取り出してなんていう荒業はできない為、
ズボンのポケットにコンデジを持って行くのが精一杯なのでした。
なんせ、常連のくりまんさんですら一眼を取り出して撮るに勇気がいったそうなのですから・・。
f0178900_2213865.jpg
【↑くりまんさんブログyume-no-nakadeより写真お借りしました↑】

おっ、くりまんさんのブログで見たメニュー表を生で見られました。
感動です!!
ホルモン、一瞬1250円に見えました。あっ、350円ね。
f0178900_22134037.jpg
【↑コンデジで恐る恐る撮影】

ここの店内、ワタシ達の好きなTV番組「吉田類の酒場放浪記」に出てくる感じ。
まさに昭和時代!!
この店内、惚れました!!
あれだけ怖がっていた奥様もこの店内の雰囲気に大興奮。
最高です!!
お店のおばちゃんは、「オンボロだよ」と言っていましたが、
いや、これは、オンボロなんかではありません!!
昭和アンティークです!!!
よくぞ、このまま残しておいてくれた!!と涙がでそうな位の雰囲気です。

この昭和の雰囲気を楽しみながら、焼肉&生ビールを堪能していると
ゾクゾクと現れました常連さん。
しかしです。想像とは裏腹に皆さん、優しい優しい。
斜め向かいのカウンターのオジサンから、「食うか?」と言われて
ホイって投げられたのがオジサマが持ち込んだエリンギ。
お店のおばちゃんが包丁ですかさず切ってくれてジュージュー。
美味い!!
となりの白髪のポニーテールのロングヘアーのかっこいいオジサマとは、
奥様のヘアーバンドで盛り上がり。
そしてワタシの横のオジサマには、豚足食べてみって分けてもらい、
はたまた、となりご夫婦には、「安中園デビューなの~」って安中園に素晴らしさを語って頂きました。

そして最後には、実は結構ぶっきらぼうなお店のおばちゃんに
「食べてみ~」ってキムチを出してもらい、
しかも「持ってき~」ってお土産用のキムチもらっちゃって!!
一見ぶっきらぼうなおばちゃんですが、スゴイ優しい方なのでした!!

ちなみにワタシ達のお気に入りは、豚肩ロース(塩)とハラミなのでした~。
豚肩ロースは、大根おろしにニンニク、醤油が入ったタレで食します。
んま~これが美味いこと美味いこと!!
一度食べると病みつきです!!
あっ、豚足も美味!!綺麗に処理されていて豚足の概念が覆されました。

決して万人受けしないこのたたずまいのお店。
しかし、受け入れられたら最高のお味が楽しめます\(^o^)/
勇気を絞ってどう??

そんなワタシ達にとって最高の安中園デビューなのでした(*^^)v
すんげ~楽しかった~♪

我が町にこんなステキなお店があったとは。
灯台下暗し

安中園
群馬県安中市安中3丁目18-7
群馬銀行安中支店の目の前
[PR]
2010年 02月 22日 |
f0178900_21133177.jpg

またまた富岡の食堂巡りです。
今回は、創業から76年、伊勢屋さんの暖簾をくぐってみました。
お店の扉を開けると、にゃんこがお出迎え。にゃぁ~。
f0178900_2113554.jpg

お店のショーケースの中には、お赤飯のおにぎり、お団子、お稲荷さんが並んでいます。
今回は、お団子、お稲荷さんをチョイス。
どちらも甘さ控えめのお味付けでございます。おほほほ。
f0178900_21141349.jpg

メインは、中華そば。
小盛400円。普通500円。大盛600円。
中華そばを小盛にすれば、小食の女性でもお稲荷さんとの組み合わせも可能です。
ちなみにチャーシューメンでも600円。こちらのお店も懐に優しいお店です。
富岡の食堂、どこでラーメン食べても美味いわなぁ~。
f0178900_2114356.jpg

伊勢屋という屋号は、関東だけでも30店舗あるらしいです。
結構、どこの街でも見かける屋号だけど、大元は、同じなんだろうか??
f0178900_211641100.jpg

こちらも富岡の古き良きお店でございました。
さぁ~、次はどこ行こうかなぁ~。

伊勢屋
群馬県富岡市富岡1031
[PR]
2009年 12月 20日 |
f0178900_20185488.jpg

先日、ご紹介した飯島屋さんのお隣、そう昭和レトロ三角地帯の一角、
「急行食堂」
このネーミングが、とてもそそられます。
富岡でお店を始めたのが昭和23年、今の店主で2代目。
富岡に来る前は、お隣栃木の宇都宮にお店があったそうですが、焼失してしまったそうな。
そんで「急行食堂」というお店の名前の由来を聞いてみました。
初代が修行していたお店の名前なんだそうな。
鉄ちゃんでは、ありませんでした(^^ゞ
f0178900_2083048.jpg

今回、注文したのは、ワタシ、↑ミックスフライ。
アジフライ、キャベツメンチ、ホタテ、イカがのった超ボリューム満タンゴハンです。
しかも700円!!
この銀色に輝くお皿もたまりましぇ~ん。
奥様、↓エビチリコロッケ。←ピンボケしちゃいました(>_<)
クリーム系ムズイ・・。
しか~し、お味は、最高!!美味ですコレ。
こちらも700円。リーズナボー\(^o^)/
f0178900_2095384.jpg

この日は、お店暇だったようで、店主さんとお話。
ワタシ達のカメラ見て、写真の話でプチ盛り上がり。
チョット前までご趣味が写真だったんだって~。
お店にもその写真が飾ってありますよ~。
その話もオモロカッタ。
f0178900_2015543.jpg

そんな店主さんに、こちらのお奨めメニューは?って聞いたら、
ポークソテーよ~。
でも、高いじゃんて言ったら、焼肉丼も同じタレだぞ~って教えてもらいましたとさ!!
今度、また行こうっと。
f0178900_20215283.jpg

富岡の食堂、やっぱレベルが高いです。ハイ(^^)/
f0178900_20211747.jpg

今度、富岡行ったらぜひどうぞ!!

急行食堂
群馬県富岡市富岡1431
[PR]
2009年 12月 09日 |
f0178900_20403073.jpg

またもや富岡に出没です(^^)v
今回、訪れたのは「飯島屋」。
暖簾をくぐっていざ突入。おばあちゃんが出迎えてくれました。
席に座って、メニューをまんべんなく観賞。
安いです。一番高いメニューが冷やし大盛りラーメン750円。
まっ、そんな高いメニューは、目もくれずラーメン500円発注です(^^)v
f0178900_20555744.jpg

注文の時です。「らーめん1つと・・」とワタシが言った瞬間、
おばあちゃん、厨房にいるおじいちゃんとおばあちゃんにデカイ声で
「ラーメン1コ」と叫ぶ!!うっおびっくし!!
そして気を取り直して「それとタンメン・・」と言ったか言わないかの瞬間
またもや「タンメン1コ」と叫ぶ!!
きっと忘れないようにするのと、厨房にいるおじいちゃんとおばあちゃんに聞こえるように叫ぶのです。
そんで、厨房では御腰の曲がったおばあちゃんが丼にタレを入れています。
なんか、一瞬、志村ケンのおばあちゃんのコントを見ているかのような光景!!
とっても微笑ましい。この段階でこのお店のファンになりました(#^.^#)
f0178900_2164249.jpg

ラーメンもタンメンも当然旨いよ~。
富士屋さんも旨いけど、こちらも負けていませんぜ!(^^)!
f0178900_21104384.jpg

そうそう、ここのお店は、富士屋さん同様、ラーメン屋さんではありません。
喫茶店です。昔は、お好み焼き屋さん時代もあったようですが。
そんで、こちらの名物の一つ「だんご」です。
こちらのだんごは、平べったくなっていて少し噛み応えあるだんごです(^^)v
そんじょそこらの軟弱なやわらかいおだんごではないので~す!!
f0178900_21124044.jpg

尚、こちらのお店の向かいは、かわせみさんが紹介してくれた新洋亭
お隣は三束雨さんが紹介してくれた急行食堂
まさに昭和レトロ三角地帯です!! ん?大正か?
富岡、まだまだ行ってみたいお店がありまっせ~。
f0178900_21211456.jpg

[PR]
2009年 11月 12日 |
f0178900_2182873.jpg

歴史は長く100年以上。
昔昔、江戸時代、中山道板鼻宿の旅籠でもあったこのお店。
明治時代に板鼻館となり今に続くお店でございます。
そして、ここはカツ丼が有名なお店なのです。
のれんには、天下無双のカツ丼と書かれています。
ワタシ、ここのお店に来たのは今回で2回目。
以前来たのは、30年近く前。親父と二人で来た記憶が。
なんせ親父と二人でゴハン食べにくるなんてことが珍しいので、今でも覚えてます。
その当時から地元では有名なお店だったのですが、
今やテレビ、雑誌、多くのブロガーさんが取り上げる全国的にも有名なお店になっています。
f0178900_2184134.jpg

ここのお店は玉子無しのカツ丼です。
甘辛の醤油のタレにカツを浸してゴハンにON!!
丼のふたを開けるとぷわ~んと醤油タレの良い香りがひろがります。
これだけでも良いのですが、ワタシが頼んだのはタルタルカツ丼。
f0178900_219636.jpg

すり鉢にゆで卵、マヨネーズが入っています。
これをセルフサービスで混ぜ混ぜして、ど~んとカツの上にON。
f0178900_219193.jpg

ハイ(^^)/ 超ハイカロリーカツ丼の出来上がり~!(^^)!
たまには、ガツンとカツ丼、どう?

住所:安中市板鼻2-4-36
電話:027-381-0305
営業:11:00~14:30  16:30~20:00
定休:月曜日
[PR]